防風通聖散を寝る前に飲むときには常温の水か白湯で飲むこと

防風通聖散を寝る前に飲むときには常温の水か白湯で飲むこと

防風通聖散を寝る前に飲むのであれば、直前よりも余裕を持って飲む様にすることです。夕食の消化も終わってお腹が空になる頃に飲むのが良いですが、本当に寝る前だと夜中にトイレに行きたくなるので、1時間くらい前には飲み終わります。

眠りに入る少し前に白湯と飲んでおくこと

防風通聖散はいつ飲むかも大事なことであり、寝る前だとよく朝スッキリのタイミングです。ただ本当に眠りに入る直前だと、水分と一緒に飲むので、夜中にトイレに行きたくて目覚めてしまいます。深夜はぐっすりと眠って疲れをとる大事な時間ですので、トイレで眠りを妨げるのは、良い眠りの邪魔にもなることです。寝る前に飲むにしても本当に直前ではなく、布団に入る1時間前には飲んでおくようにします。布団に入る前にはトイレを済ませておいて、お風呂にも入って眠りに入りやすい状態にして、夜は質の高い眠りを十分にとるようにすることです。

胃の中に食べ物がある時よりも空っぽな時に

防風通聖散を寝る前に飲むとよいというのは、夕食も消化されている頃合いだからです。胃の中に食べたものが入っているときに飲むよりも、出来るだけ胃の中は空っぽの状態で飲む様にします。これは漢方を飲むにあたり、基本のことにはなりますが、防風通聖散を飲むにあたり、例外ではないことです。なぜ食事をお腹いっぱい食べた後ではなく、空腹時の方が飲むには良いかですが、吸収力がそのほうが高まりますので、空の方が漢方の成分も行き渡りやすくなります。単純に考えてもわかるように、何か入っているときより、何も入っていない状態で成分を入れたほうが、胃の中での吸収も良くなるのは納得できることです。

服用をする量と回数は守るようにすること

記事のイメージ画像

防風通聖散を寝る前に飲む際に、効果を高く出したいと考えても、1回の服用量は必ず守るようにします。ほかにも意識をしたいのは水分の量であり、飲むときに少しだけの水分で飲まないで、たっぷりの水分で飲むことです。冷たい水で飲むよりも、常温の水で飲むほうが良いですし、白湯と一緒に飲むのも良い方法になります。多めの水分で飲むのが良いのは、水分量がとても少ないと、胃の中で完全に溶けきらないので、せっかくの成分が吸収されにくいです。まだ冷たい水よりも、ほんのり温かい白湯で飲むのが良いのは、胃腸機能を温かさが高めるからであり、成分がより吸収されやすくなります。

まとめ

防風通聖散を寝る前に飲むのであれば、冷たい水で流し込むのではなく、常温の水か白湯で飲む様にすることです。空腹の状態に入れることになりますが、白湯などを流し込むことで、胃腸の機能を高めることができますし、溶けやすく吸収率が上がります。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

防風通聖散の服用期間にできることをやると勝ち組
防風通聖散は空腹時がいいが忘れそうなら食後
防風通聖散のエビデンスとして医療機関で使われる
防風通聖散を使って足痩せができるか
防風通聖散は副作用はあまりないとされる
防風通聖散にはいくつかの種類がある
防風通聖散の購入方法を知っておく
副作用の少ない防風通聖散にも飲み合わせはある
防風通聖散によって肥満の解消が可能になる
内臓脂肪が気になる人に防風通聖散がお勧めです
多種成分を含む防風通聖散の服用のメリット
防風通聖散をつかってセルライト除去は可能か
防風通聖散は飲むだけより運動と一緒が効果的
防風通聖散はやめたら効果が薄れる可能性
防風通聖散を飲むと数日で便秘解消効果が出てくる
防風通聖散のメーカー 違いは含有量から
腸内環境の正常化のため宿便の排出が必要なときに役立てたい防風通聖散
防風通聖散の入手は市販だけではなく通販も
防風通聖散と運動を遣って代謝率をアップ
防風通聖散で皮下脂肪をシャットアウト
防風通聖散の味を気にせずに効果が期待できる
防風通聖散をできるだけ安く購入する
防風通聖散の効果は体質によって違う
防風通聖散のコスパは1日当たりで算出