防風通聖散にはいくつかの種類がある

防風通聖散にはいくつかの種類がある

ダイエットにいいとされる防風通聖散ですが、いくつかの種類があります。処方されるタイプが良く知られていますが、市販薬として購入できるものもあります。顆粒タイプが多いですが、錠剤タイプもあります。服用回数による違いもあります。

一般的には顆粒タイプが多くなる

良薬口に苦しと言われます。普通は薬は苦いもので、それだけに効果も実感できるのでしょう。ただ、子供などは苦いと飲んでくれません。最近は飲みやすい薬がどんどん開発されていて、味を感じることなく飲めるようになっています。防風通聖散は漢方薬の一つで、ダイエットをしたい人や便秘を解消したい人が利用することが多いです。種類としては、顆粒タイプで売られているものが多くなります。病院で処方されるものも顆粒ですし、市販されているものにもあります。顆粒はそれなりに味がするので、人によっては飲みにくいと感じるかもしれません。ただ、溶けやすいので効果は得やすいです。

錠剤タイプで成分を減らしているタイプ

薬を選ぶとき、同じ効果のあるものならできるだけ安いものを選ぶかもしれません。メーカーが違えば中身が近いものを安く買うこともできますが、中身の量が異なることもあるので知っておくと良いかもしれません。防風通聖散を購入しようとするとき、いくつかの種類があります。飲みやすい錠剤タイプを選択することができます。では他のタイプと効果は同じかですが、成分を減らしているものもあるので確認をするとよいでしょう。医師から処方されるものは成分がきちんと入ったものになり、効果も出やすくなります。成分を減らしているものは、処方されるものよりも効果の出方が緩やかになります。

1日に飲む回数で異なるタイプがある

病気を治すために薬を飲まないといけないことがあります。大抵は食後などと言われています。食後に飲むことが分かっていると忘れにくいのでそう決めているものもあります。ただ毎食後に飲むのは面倒に感じることもあります。防風通聖散は、ダイエット目的でも利用する漢方薬で、市販されているものも多くあります。種類としては、1日に飲む回数が異なるタイプがあります。一般的には1日3回食後に飲むものが多いですが、1日2回でよいタイプ等もあります。昼食はあまり飲むことができない人であれば、朝と夜だけ飲めばいいタイプの方が利用しやすいでしょう。効果としては少し少なめになります。

まとめ

防風通聖散は、処方箋で渡されるものの他、市販されているものは非常に種類が多くなっています。顆粒タイプもあれば錠剤タイプもあります。顆粒タイプが一般的で、錠剤タイプは飲みやすいので継続して利用するにはいいかもしれません。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

防風通聖散の服用期間にできることをやると勝ち組
防風通聖散は空腹時がいいが忘れそうなら食後
防風通聖散のエビデンスとして医療機関で使われる
防風通聖散を使って足痩せができるか
防風通聖散は副作用はあまりないとされる
防風通聖散を寝る前に飲むときには常温の水か白湯で飲むこと
防風通聖散の購入方法を知っておく
副作用の少ない防風通聖散にも飲み合わせはある
防風通聖散によって肥満の解消が可能になる
内臓脂肪が気になる人に防風通聖散がお勧めです
多種成分を含む防風通聖散の服用のメリット
防風通聖散をつかってセルライト除去は可能か
防風通聖散は飲むだけより運動と一緒が効果的
防風通聖散はやめたら効果が薄れる可能性
防風通聖散を飲むと数日で便秘解消効果が出てくる
防風通聖散のメーカー 違いは含有量から
腸内環境の正常化のため宿便の排出が必要なときに役立てたい防風通聖散
防風通聖散の入手は市販だけではなく通販も
防風通聖散と運動を遣って代謝率をアップ
防風通聖散で皮下脂肪をシャットアウト
防風通聖散の味を気にせずに効果が期待できる
防風通聖散をできるだけ安く購入する
防風通聖散の効果は体質によって違う
防風通聖散のコスパは1日当たりで算出